Studio ASK ブログ記事 ギックリ腰の原因は〇〇が足りない!?

お問い合わせ
ご予約

SHINAGAWA BODY DESIGN STUDIO ASK

ダイエット・美脚・姿勢改善をサポート

スタッフブログSTAFF BLOG

ギックリ腰の原因は〇〇が足りない!?

Pocket
LINEで送る

こんにちは!トレーナーの井上です!
最近は肌寒い季節となり、身体も冷えて怪我なども起こりやすくなります。
そこで今回は「ギックリ腰」についてです!
私も一度経験があるので、ギックリ腰になってしまうと何もしてなくてもジンジン痛くなったり、仕事にも影響出たりしますよね…??
〈ギックリ腰とは??〉
ギックリ腰は「急性腰痛症」と呼ばれ、腰部に突然激しい痛みがくる疾患です。
関節の捻挫や筋肉の損傷、筋膜性の炎症などの症状をいいます。
この症状を繰り返していると椎間板ヘルニアを引き起こす可能性があります。
fullsizeoutput_1c1b
〈ギックリ腰の原因と予防〉
ギックリ腰の主な原因として、猫背や反り腰といった俗にいう「悪い姿勢」が原因です。
又、適切な姿勢を保つ為の筋肉の筋力低下や筋肉が正常に働かないことによって発症する事が多いです。
ギックリ腰を予防する為には「良い姿勢(生理的湾曲)」を作る事です!
良い姿勢になると脳がスムーズに働きやすくなり、仕事やスポーツなどのパフォーマンスアップに繋がります。
又、身体の自然治癒力も上がり、疲れやすいなどの改善に繋がります。
fullsizeoutput_1c1c
〈自分の姿勢を確認してみよう!〉
ギックリ腰になりにくい姿勢は背骨の生理的湾曲である事です!
日常でこのような姿勢になると肩や腰などにも負担をかける事が軽減されます。
姿勢を職場の方やご家族の方と一緒に確認してみましょう!
チェックポイントは以下の通りとなります!
fullsizeoutput_1c1dfullsizeoutput_1c1e
〈ギックリ腰を予防しよう!〉
ギックリ腰を予防する為には、
股関節と下腹部の柔軟性・筋力アップをする事です!
股関節の付け根の筋力低下が起こると腰が過度に丸まります。
又、下腹部の筋力低下が起こると腰が過度に反らしやすくなるので、バランスを考えていく事が重要です。
fullsizeoutput_1c1f fullsizeoutput_1c20
〈股関節・下腹部を鍛えよう!〉
腰痛予防の股関節の付け根・下腹部のエクササイズは「ニーアップ」がお勧めです!
※下記写真
股関節の付け根・下腹部の筋力が上がるとしゃがむ動作などで腰の負担を軽減し、ポッコリお腹の改善にも繋がります。
fullsizeoutput_1c21
[やり方]
①仰向けになり、膝を90°曲げる。
②両手は体側。
③腰と床の幅は手のひら一枚分。
④膝を90°のまま脚を上げる。
⑤腰と床の幅は手のひら一枚分を保ったまま脚を上下する。
[目安]
10回2セット
〈股関節の柔軟性強化をしよう!〉
腰痛予防の股関節の付け根の柔軟性エクササイズは「腸腰筋ストレッチ」がお勧めです!
※下記写真
股関節の付け根の柔軟性が上がると状態を反らす時の痛みや、猫背や反り腰といった姿勢改善にも繋がります。
fullsizeoutput_1c23
[やり方]
①脚を前後に開き、手は腰に当てる。
②上体を真っ直ぐ保つ。
[目安]
お風呂上がりに片脚30秒ずつ
是非、怪我のない身体を作る為にも行ってみて下さい^ ^

※当コースのお申し込みは毎月3名様限定となっております。先着順となりますので予めご了承ください。

スタッフのコメントや新着情報などを
随時更新していきます。

STAFF BLOG