Studio ASK ブログ記事 【開店 8周年のご挨拶】

お問い合わせ
ご予約

SHINAGAWA BODY DESIGN STUDIO ASK

ダイエット・美脚・姿勢改善をサポート

スタッフブログSTAFF BLOG

【開店 8周年のご挨拶】

Pocket
LINEで送る

拝啓 時下ますますご隆昌のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。
この度、BodyDesignStudioASKは5月16日で開店8周年を迎えることができました。
開店以来、順調に業績をあげることができましたのも、ひとえに皆様方のお引き立ての賜と心より感謝いたしております。
開店当時から現在を比べると指導内容は大きく変化してきました。8年間で多くの方々のBodyDesignに携わり、体と心の変化を身近で感じてきました。その中で現在のフィットネス業界への疑問、問題点も多く見えてきました。短期ダイエットの落し穴、ウエイトトレーニングのデメリットなど。。誇大広告に翻弄され間違った知識、認識を抱き迷走する人も多くいらっしゃいます。
そんな中、根本的に体を変えることが出来るメソッドは無いのか?最良の運動・食事・休養習慣を定着させる方法は無いのか?クライアントが生涯安心して体を預けられるジムの形とは?そんなBodyDesignの本質を考え続けて8年間が経ちました。
皆様は【フィットネス参加率】という言葉をご存知でしょうか?
「健康の為に運動する人が、人口当たりどの程度いるのか?」を表す数値です。
日本では20年近く3%のままです。アメリカの17%と比較すると6分の1です。20年もフィットネス参加率が増えないのは何故なのでしょうか?
最近では「短期ダイエットジム」「暗闇系グループワークアウト」などが流行しています。では、過去に流行って今でも継続しているものはあるでしょうか?流行とは一過性のものです。流行とは飽きられるのです。流行とは簡単に真似できるのです。しかし、本質とは飽きる飽きないの問題ではなく、簡単に真似できるものでもないはずです。
残念なことに「パーソナルトレーニングが流行している」と耳にします。これを聞いて落胆せざるを得ません。「パーソナルトレーニングは流行なのか?」と。“流行という一過性”と”長期存続という本質”の違いはどこにあるのか?生涯をかけて追求しても達成できないかもしれません。と言うより終わりはないのだと思います。だからこそ我々は挑戦し続ける事ができます。
今年4月から新たにトレーナーを二人向かい入れました。体育大学のトレーナー部で数百人のアスリート指導を経験してきた期待の新人です。トレーナーが7人となり新生アスクとして今まで以上に良いgym造りに励んで行く所存です。
至らぬ点も多々あるかと存じますが真摯に受け止め改善を重ねて行きたいと思います。
今後とも一層のご愛顧、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。
敬具
令和元年六月六日

※当コースのお申し込みは毎月3名様限定となっております。先着順となりますので予めご了承ください。

スタッフのコメントや新着情報などを
随時更新していきます。

STAFF BLOG